協力パートナー

中国駐在のフランス総領事館
日本領事館
イタリア領事館
ポルトガル領事館の上海代表部
韓国領事館
ドイツ領事館
上海駐在のオランダ領事館
ロシア商業会議所
中国鉄道アカデミー
中国生命科学アカデミー
シノペックグループ
ロイヤルダッチシェル(イギリス / オランダ)
ゼネラルモーターズ(アメリカ)
ダイムラークライスラー(ドイツ)
トヨタ(日本)
GE(アメリカ)
AXA保険(フランス)
ヒューレットパッカード(アメリカ)
ソニー(日本)
メトロ(ドイツ)
クレジットスイス(スイス)
ボーイング(アメリカ)
プフィッツァー製薬(アメリカ)
東京電力(日本)
BASF(ドイツ)
ロイヤルフィリップス電子(オランダ)
ブラジル石油(ブラジル)
サンタンデール銀行(スペイン)
Bouygues(フランス エンジニアリングと建築)
TUIグループ(ドイツ)
東日本鉄道(日本)
メルク製薬(アメリカ)
ビンチ(フランス エンジニアリング及び建築)
ブリヂストン(日本)
シーメンズ通信設備
モトローラ上海事務所
Roca蘇州有限公司
ハイアールグループ
モバイルソフト科学技術
中科特車有限公司
中植グループ有限公司
永泰紅磡不動産グループ公司
ソニーエリクソン
ギャランツグループ有限公司
Saint-Gobain中国投資有限公司
モルガンスタンレー上海事務所
清華大学経営管理スクール
CEIBS
北京大学光華管理学院
アジア公開大学(マカオ) 台湾成功大学
日本早稲田大学
韓国釜慶大学
電子工業出版社
機械工業出版社
三聯出版社

ソフトウェアのローカライゼーション翻訳

ホームページ >> 特色あるサービス >> ソフトウェアのローカライゼーション翻訳

上海翻訳/通訳会社 ソフトウェアのローカライゼーション翻訳

      妙文翻訳ローカライゼーションセンターは材料の取り出し、ファイルの転換翻訳、ソフトウェアのトライアル、デスクトップパブリッシングから欠陥レポートの生成と修復等までの一連のソフトウェアローカライゼーションプロジェクト実施のプロセスアウトソーシングサービスを提供します。
      妙文翻訳のローカライゼーションセンター--ソフトウェアローカライゼーションは真面目で責任感のあるソフトウェアトライアルのエンジニア、翻訳者及びプログラマーから構成されており、彼らはプログラム言語、開発環境、ソフトウェアトライアル、ソフトウェアの翻訳、デスクトップパブリッシング等の面において、豊富な専門的な経験を持っており、各種のソフトウェアのトライアルツール、ソフトウェアのサービスパック、ワードストックのメモリーツールと創作ツールを使いこなし、適時、正確及び規範的にローカライゼーションプロジェクトのいかなる技術問題も処理できます。
      ローカライゼーションの後、クライアントのソフトウェア製品が現地の作業プラットフォームの上で実行でき、製品全体がローカルマーケットの為に特別に作成されたものであると感じることができます。
      ソフトウェアのローカライゼーション
      ソフトウェアのローカライゼーションの業務フロー
      ソフトのローカライゼーションはローカライゼーション翻訳、ローカライゼーション開発とローカライゼーショントライアルを含みます。妙文翻訳ローカライゼーションセンターは2004年4月にソフトウエアローカライゼーションセンターを創設しており、専門的、高効率と正確なローカライゼーション翻訳とローカライゼーショントライアルのソリューションの提供に力を注いでいます。

      ソフトウェアのローカライゼーションのフロー:
      1、ローカライゼーション開発(クライアントが行う):クライアントがソース言語のソフトコードを提供する必要があります;
      2、ローカライゼーション翻訳:相応の専門的なバックグラウンドを有する翻訳者がソフトウェアの翻訳を行い、校正を行います;
      3、ローカライゼーショントライアル:ローカライゼーションバージョンの翻訳/編集、ローカライゼーションバージョンのトライアルと欠陥修復を含みます;
      (1)トライアル計画とトライアル用例を作成
      (2)翻訳が適切か、現地の人の習慣に合っているかをチェック
      (3)翻訳後、現地の人の習慣に影響するか(例えば中国人は姓が前にあり、名が後にある)をチェック
      (4)各種のアイコン文字は現地の人の習慣に合っているかをチェック。(例えば龍は西洋においては邪悪を象徴するが、中国では吉祥を象徴する)
      (5)その他のローカライゼーショントライアルに属する内容をチェック
      4、トライアル報告を生成し、誤りのタイプを分析します;
      5、ローカライゼーションバージョンの誤りの場合はローカライゼーションバージョンを修正し、翻訳の誤りの場合は翻訳者に直させ、ソース言語バージョンのプログラムの誤りの場合はクライアントに修正していただきます;
      6、戻りトライアル、誤りが見つかった場合、前にステップを繰り返し、即ち各種のローカライゼーションの誤りを修正するが、誤りがなければ直接クライアントに提出します;
      7、ローカライゼーション開発が完成します。