協力パートナー

中国駐在のフランス総領事館
日本領事館
イタリア領事館
ポルトガル領事館の上海代表部
韓国領事館
ドイツ領事館
上海駐在のオランダ領事館
ロシア商業会議所
中国鉄道アカデミー
中国生命科学アカデミー
シノペックグループ
ロイヤルダッチシェル(イギリス / オランダ)
ゼネラルモーターズ(アメリカ)
ダイムラークライスラー(ドイツ)
トヨタ(日本)
GE(アメリカ)
AXA保険(フランス)
ヒューレットパッカード(アメリカ)
ソニー(日本)
メトロ(ドイツ)
クレジットスイス(スイス)
ボーイング(アメリカ)
プフィッツァー製薬(アメリカ)
東京電力(日本)
BASF(ドイツ)
ロイヤルフィリップス電子(オランダ)
ブラジル石油(ブラジル)
サンタンデール銀行(スペイン)
Bouygues(フランス エンジニアリングと建築)
TUIグループ(ドイツ)
東日本鉄道(日本)
メルク製薬(アメリカ)
ビンチ(フランス エンジニアリング及び建築)
ブリヂストン(日本)
シーメンズ通信設備
モトローラ上海事務所
Roca蘇州有限公司
ハイアールグループ
モバイルソフト科学技術
中科特車有限公司
中植グループ有限公司
永泰紅磡不動産グループ公司
ソニーエリクソン
ギャランツグループ有限公司
Saint-Gobain中国投資有限公司
モルガンスタンレー上海事務所
清華大学経営管理スクール
CEIBS
北京大学光華管理学院
アジア公開大学(マカオ) 台湾成功大学
日本早稲田大学
韓国釜慶大学
電子工業出版社
機械工業出版社
三聯出版社



Home  ホームページ »  業界動向 »  日本語版 » 

面接時の注意


作成者:Jonathan Hu 翻訳      変更時期:2009-07-15      閲覧回数:

1:履歴書の基本ルール
楷書で丁寧に、バランス良く書く。
筆記用具は万年筆、細字のサインペン、ボールペンを使用。インクは蚴褂盲工搿?
データは正確に書く。誤字脱字記載漏れに注意する。
空欄を残さない。
修正液は使わずに、書き損じたら新しい用紙に記入する。
自己PR欄は自分の言葉で書く。  
Q2:職務履歴の基本ルール
白い無地の用紙を使用。A4、またはB5を使用し、1枚程度に簡潔に記載する。
一人称は使用せず、箇条書きで記述する。
項目を整理して簡潔に書く。
誤字脱字記入漏れに注意する。
全体的に見やすいレイアウトを心掛ける。
Q3:身だしなみ
ノーネクタイの企業が多い業界であっても、面接の時は、必ずスーツで行く。
シャツやブラウスにはアイロンを。ズボンにも折り目をきちんとつける。
意外に手は目立つので、爪はきれいにしておくこと。
靴がきれいかどうかをチェックする面接官も多い。出かける前に十分磨いていくこと。  
Q4:面接の前に注意すること
時間に余裕を持って会社に行く。
控え室などでのタバコは控える。また、身支度はきちんとし、くつろぎ過ぎない。
トイレは必ず済ませておく。それでも行きたくなったら、我慢しないではっきり言う。
若い女性(男性)社員になれなれしく話し掛けたりしない。  
Q5:面接の際に注意すること
面接は、話す内容はもちろん、話し方も大切。面接担当者の目を見て話すのは常識中の常識。担当者が複数いるときには、質問した担当者の目を見る。
話しを聞く時も同様に、相手の目を見て、適度に相づちを打つ。
背筋を伸ばし、大きな声ではきはきと自身を持って、けれど、謙虚に話す。
Q6:面接の際に好印象を与える受け答え
積極性を感じさせる態度や動作を心がける。
質問の意図を的確につかみ、明瞭簡潔に解答する。
語尾をはっきり最後まで発音する。
知ったかぶりをしない。
過去の実績より将来の希望をアピールする。  
Q7:面接の後に注意すること
別れ際の挨拶のとき、担当者ときちんと目を合せること。
ドアを開けて出る前に一礼をして、閉める前にもう一度例をする。
会社から出るまで気をゆるめない。


(責任編集者:translation)      


前のページ'            目次            後のページ'